三和テッキ株式会社

PRODUCTS製品紹介

鉄道用架線(電車線)可動ブラケット

新幹線CSシンプルカテナリ、PHCシンプルカテナリ用 溶接型

整備新幹線で採用された最新タイプの可動ブラケットです。水平主パイプと斜主パイプ、振止パイプが溶接構造となっていますので、ボルトの点検作業が減少し、メンテナンス性が向上しています。

■適用する電車線構造

適用線種張力架高
吊架線PH15019.6kN(2000kgf)950mm
トロリ線PHC11019.6kN(2000kgf)

*曲線等の条件によって荷重が変化しますので、お問い合わせの上ご使用願います。

新幹線ヘビーコンパウンドカテナリ用

東海道新幹線でヘビーコンパウンドカテナリが採用されたときに開発された可動ブラケットです。長幹がいしにはSKがいしが使われ、地絡導線が装備されています。

■適用する電車線構造

適用線種張力架高
吊架線ST18024.5kN(2500kgf)1500mm
補助吊架線PH15014.7kN(1500kgf)
トロリ線GTsn17019.6kN(2000kgf)

*曲線等の条件によって荷重が変化しますので、お問い合わせの上ご使用願います。

新幹線ヘビーコンパウンドカテナリ用 スリム型

新幹線ヘビーコンパウンドカテナリ用 スリム型東北、上越新幹線のヘビーコンパウンドカテナリ用可動ブラケットについて、部品点数の削減と軽量化を図ったタイプです。

■適用する電車線構造

適用線種張力架高
吊架線ST18019.6kN(2000kgf)1500mm
補助吊架線PH15014.7kN(1500kgf)
トロリ線GTsn17019.6kN(2000kgf)

*曲線等の条件によって荷重が変化しますので、お問い合わせの上ご使用願います。

在来線用 環境調和型

在来線用 環境調和型在来線用の可動ブラケットです。最近では環境に配慮して振止パイプに曲線を配したデザインの可動ブラケットが一般的となっていますが、その基本的なデザインです。写真の可動ブラケットは水平主パイプと斜主パイプ、振止パイプがピン接続構造となっていますが、溶接構造のものもあります。

■適用する電車線構造

適用線種張力架高
吊架線ST13519.6kN(2000kgf)960mm
トロリ線GTsn1709.8kN(1000kgf)

*曲線等の条件によって荷重が変化しますので、お問い合わせの上ご使用願います。

在来線用 き電吊架線用 溶接型

在来線用 き電吊架線用 溶接型直流1500Vのき電吊架線用の可動ブラケットです。き電吊架線PH356mm2 x 2条を100mmのピッチで支持しています。可動ブラケットの移動(回転)によってき電吊架線に疲労が生じにくいように、吊架線支持金具がターンテーブル状に回転する構造になっているのが特長です。

■適用する電車線構造

適用線種張力架高
吊架線PH356 x 2条19.6kN(2000kgf) x 2条850mm
トロリ線GTsn17014.7kN(1500kgf)

*曲線等の条件によって荷重が変化しますので、お問い合わせの上ご使用願います。

水平主パイプ斜主パイプ一体型

水平主パイプ斜主パイプ一体型在来線用の可動ブラケットで、曲げと圧縮応力の高くなる水平主パイプと斜主パイプを、1本の60.5φの太径のパイプを曲げて一体化し、他は細いパイプを使った軽量の可動ブラケットです。

■適用する電車線構造

適用線種張力架高
吊架線PH15014.7kN(1500kgf)900mm
トロリ線CU100+GT11014.7kN(1500kgf)

*曲線等の条件によって荷重が変化しますので、お問い合わせの上ご使用願います。

振止パイプ不要型

振止パイプ不要型曲線引金具の引手部に特殊アーム支持金具を使うことで、振止パイプを排除しつつ電車線の偏位に対応できる構造が特徴的な可動ブラケットです。写真はき電吊架式電車線の無交差亘り箇所のもので、曲線引金具は亘り線用の特殊なものが使われています。

■適用する電車線構造

適用線種張力架高
吊架線PH30014.7kN(1500kgf)850mm
トロリ線GTsn17014.7kN(1500kgf)

*曲線等の条件によって荷重が変化しますので、お問い合わせの上ご使用願います。

Our Products全製品のご紹介

主要商品

全製品一覧