ホーム > 製品紹介 > 製品一覧 > 鉄道用架線(電車線) > 圧縮接続管・スリーブ・端子

製品紹介

製品紹介

鉄道用架線(電車線) 圧縮接続管・スリーブ・端子

鉄道用架線(電車線)
圧縮接続管・スリーブ・端子

直線スリーブ

直線スリーブ

張力のかかるより線同士をスリーブで電気的・機械的に接続する金具です。より線の把持力は、油圧機と圧縮ヘッドでスリーブ部分を圧縮して発生させてます。
銅線の場合は銅製のスリーブを、アルミ線の場合はアルミ製のスリーブを使用します。

■写真の製品の主なスペック
型式 CS325H
最大引張荷重 53kN(5400kgf)以上
接続部の
電気抵抗
スリーブ長さと同長の適用電線電気抵抗の95%以下:
0.0532Ω/km(20℃)
ページトップ

平行スリーブ

平行スリーブ

き電線とき電分岐線(写真)のように、すでに張り上げてある本線から分岐線を分岐させる箇所を電気的・機械的に接続する金具です。
銅線の場合は銅製のスリーブを、アルミ線の場合はアルミ製のスリーブを使用します。本線がアルミ線、分岐線が銅線の場合には、分岐側スリーブ内側に中間合金を鋳込み電食を防止します。

■写真の製品の主なスペック
型式 PC CU325−CU200
最大引張荷重 本線側 分岐用適用電線の引張荷重の30%以上で滑らない:23.0kN(2350kgf)以上
本線側適用電線の引張荷重を10%以上減じない:112.9kN(11520kgf)以上
分岐線側 分岐用適用電線の引張荷重の30%以上で滑らない:23.0kN(2350kgf)以上
接続部の
電気抵抗
スリーブ長さと同長の分岐側適用電線電気抵抗の95%以下:0.0874Ω/km(20℃)
ページトップ

引留クランプ

引留クランプ

スリーブ部でより線を把持し、反対側をボルトで接続して柱などに引き留める場合に、電気的・機械的に接続する金具です。
写真は下方向にジャンパ線で分岐させるタイプです。銅線の場合は銅製のスリーブを、アルミ線の場合はアルミ製のスリーブを使用します。本線がアルミ線、分岐線が銅線の場合には、分岐側スリーブ内側に中間合金を鋳込み電食を防止します。

■写真の製品の主なスペック
型式 CD HAL300−CU200
最大引張荷重 本線側 本線側適用電線の引張荷重の90%以上:39.1kN(3990kgf)以上
分岐線側 分岐用適用電線の引張荷重の30%以上:13.1kN(1330kgf)以上
接続部の
電気抵抗
スリーブ長さと同長の適用電線電気抵抗以下:0.0969Ω/km(20℃)
ページトップ

圧縮式引留金具

圧縮式引留金具

スリーブ部でより線を把持し、反対側をボルトで接続して柱などに引き留める金具です。
写真上は吊架線(亜鉛メッキ鋼より線)用の、下はトロリ線用の引留金具です。

■写真の製品の主なスペック
型式 アイ St135 アイ Tr170
最大引張荷重 82.4kN(8410kgf) 54.9kN(5600kgf)
ページトップ

圧縮端子

圧縮端子

変電所の機器の端子部などでより線を接続するための金具です。
銅線の場合は銅製のスリーブを、アルミ線の場合はアルミ製のスリーブを使用します。

■写真の製品の主なスペック
型式 CVC4−325 備考
引張荷重 38.2kN(3900kgf) 試験荷重
温度上昇
試験電流
890A 温度上昇
端子羽子板部:45℃以下
圧縮部:電線の温度上昇値以下
ページトップ

センサ付スリーブ

センサ付スリーブ

スリーブ類の圧縮による接続箇所で異常発熱があった場合に、形状記憶合金をセンサとし、またセンサ自らを標識として利用したスリーブです。
一度温度が上昇し、形状記憶合金のセンサーが変形(写真の位置から右側に90度まで跳ね上がるように変形します)すると、その後温度が下がっても元に戻らない不可逆性です。
(センサを指で元の位置に戻せば再利用できます。)アルミ製、銅製の両方に適用可能です。

■写真の製品の主なスペック
温 度 センサと電線との角度
スリーブ口元 電 線
56℃ 70℃ 30°
59℃ 74℃ 45°
63℃ 77℃ 60°
76℃ 102℃ 90°
お問い合わせ
ページトップ

他の条件で探す

他の条件で探す [クリックするとメニューが表示されます。]
主要製品検索
製品一覧
お問い合わせ
トップサイトマップお問い合わせサイトポリシー・プライバシーポリシーENGLISHENGLISHページトップ
三和テッキ株式会社
〒140-8669 東京都品川区南品川6丁目4番6号 TEL : 03-3474-4111
(c) Copyright 2001-2011 Sanwa Tekki Corporation